医師転職 ランキング

医師が転職する時は紹介会社を上手に利用【2016年ランキング発表!】

医師に限らず転職活動をするときにエージェントは必須です。
医師は日常業務が激務のため、就職活動に時間を費やせなくなります。
そのため、医師はしっかりとエージェントに頼った転職活動をした方が良いでしょう。
その中でもランキングで上位にあるエージェントに登録する事で、今後の医師人生が大きく変わる可能性が高いです!
まず、ランキングにあるエージェントの登録は基本無料です。
ランキングにある紹介会社に登録しても求人サイトもあるかもしれませんが、ランキングにある医師専門の紹介会社に登録したほうが非公開求人を検索することが出来たりより確かな情報で求人を見つけることができるでしょう。
また、医師の転職活動は担当者との信頼関係が大切です。
ランキングにある紹介会社は忙しい医師の代わりに、それぞれ担当者がついて求人探しをお手伝いしてくれるのでおすすめです。
その際は、自分の希望求人内容をしっかりと話すことで、本当に欲しい求人を探してきてくれます。また、本当にこの求人で良いのか、不安な部分や病院の雰囲気などを担当者が知っている場合もありますし面接前に調べて教えてくれる場合もあります。担当者との信頼関係がしっかりとしていると、転職先に売り込んでくれて給与アップという場合もあるでしょう。聞きにくいこともしっかりと話して転職活動を進めることで精神的なフォローも得られますし本当に良い転職先に出会える可能性が高くなります。
当サイトでは、医師の転職に強いエージェントをランキング形式でご紹介致します。

 

医師の転職エージェントおすすめランキング

ランキング1位.医師転職ドットコム
数ある医師専門の転職エージェントの中でも最大規模を誇り、平均年収アップ率が約1.5倍と納得の年収を獲得出来ます。
求人数も約4万件あり、全国各地から希望の病院を選ぶことが出来るのも魅力!
常勤・非常勤を問わず求人があるので、アルバイト・パート勤務も可能!

 

ランキング2位.エムスリーキャリア

エムスリーキャリアの売り上げ推移

売上高が毎年順調に上昇している注目の紹介会社!
医師利用者数が年間に1万人以上いる人気の高い医師転職エージェント。
医師会員も20万人を超えており、病院とのつながりが濃いエージェントとして有名です。

 

 

ランキング3位.キャリアブレイン
全国19か所に拠点があるので、サポートが手厚い事で有名。
専任のコンサルタントがしっかりサポートしてくれる医師専門の転職エージェントです。
高額求人や当直無し求人など目的に合わせた転職が出来るのが魅力!

 

 

医師が転職する時に複数のエージェントに登録するメリット

 

医師が転職をする際にはランキングの中から複数のエージェントに登録することをおすすめします。なぜならいくつかのメリットがあるからです。まずは、求人数です。求人サイトの中にはそのサイトしか取り扱っていない求人のあるサイトも多いでしょう。その為、そのサイトでしか見ることが出来ない求人や条件を見つけることが出来ます。全く同じ場所の求人でも条件が違う場合もあるでしょう。その為、いくつかの求人サイトに登録して見ることで、本当に良い求人を見つけやすいのです。次に、担当者との相性です。医師の転職サイトの多くは専門の担当者が付きます。この際、担当者との相性はとても大切です。相性が悪ければ自分好みでない求人ばかりを見つけられたり悩んでいても相談しにくいことも多いでしょう。逆に相性が良ければ本当に良い転職活動をスムーズに行うことが出来ます。その為、良い担当者に巡り合うためにもいくつかのサイトに登録すると良いでしょう。ランキングにある複数のサイトを比較することで客観的に良いサイトを選び転職活動を行うことが出来ます。その為、医師が転職する際にはいくつかのサイトに登録をしてみて下さい。
当サイトのランキングで発表している紹介会社はどこも医師の転職に強いので、全て登録するくらいの強い気持ちで転職に臨んでください!

 

 

 

医師が転職する時に必要な資格と書類について 

 

医師が転職する際に必要な資格は医師免許です。しかしキャリアアップも目指すのえあれば専門分野の資格を取得すると良いでしょう。精神科専門委や総合内科専門医等の専門医資格を持っているとその科に就職しやすくなるので今後のキャリアアップのためにも取得しておくことをおすすめします。専門医になるためには資格試験が必要です。転職するために必要な書類は履歴書です。昔は履歴書がいらない転職もありましたが最近は履歴書を必ず用意する必要があります。特に自分の能力をアピールするために必要な書類なのでしっかりと記入をしましょう。医師免許はもちろん医師免許の中でも特殊な資格を持っているとより有利に面接を進めることが出来ます。ほかにも、履歴書と一緒に職務経歴書が必要な場合が多いでしょう。職務経歴書では今までの職歴、経験、資格、スキルなどを記載することになります。履歴書よりももっと自分をアピールすることが出来る書類となるでしょう。必要ない場合もありますが万が一のために用意をしておくと良いのではないでしょうか。その方が円滑に転職活動が進みます。

 

 

医師の履歴書作成ポイント

 

医師が転職のために履歴書を書くときには、どのようなポイントがあるのでしょうか?まず学歴については、卒入学の年月については間違えないように記載することが大切です。実は医師の場合、この年月がとても重要視されます。年号は元号でも西暦でも良いのですが、学歴と職歴などで使う年号を必ず統一するようにします。学歴は高校入学からでOKです。学校名や学部名などすべて正式に記載します。職歴については病院名や役職以外に、病床数などを一緒に書き込むと相手にはどのような病院に勤務していたのかということが分かりやすく、相手の気持ちに立つことが出来る医師であるということを強調することが出来ます。免許や資格欄については、医師免許の取得年月日は正確に、また専門資格についてしっかりと記載します。所属学会などがあれば、記載すると丁寧ですよね。業績についてはなかなか書きにくいと感じる方もいますが、研究内容や学会で発表した内容などを簡単に記載すると分かりやすいかと思います。志望動機についてはしっかりと記載しましょう。ここは大切なポイントになります。

 

 

 

医師の職務経歴書作成ポイント

 

医師の中には、今まで職務経歴書について全く知らない、見たことがない、書いたこともないという方もいますよね。以前は就職や転職は履歴書だけが応募書類ということも多かったのですが、今は職務経歴書を記載するということが必要になります。基本はA4サイズ2枚に入る内容で、パソコンで作成するということになります。記載する内容としては、詳細な職務経歴、保有資格と所属学会、業績、主な治療実績、自己PRになります。職務経歴や主な治療実績はどうしてもアピールしたい内容が多くなりがちな部分ですが、応募に際して必要になる部分を中心に、箇条書きなどにまとめて記載をしていくということが必要になります。自分だけが分かればよいのではなく、あくまでも自己アピールを相手に読んでもらうための書類です。目を通して分かる内容にすることが大切です。一ひねりしてわざとやや分かりにくくして相手の出方を見てみようといったような細工は、職務経歴書には不要になります。完結であり、相手が分かりやすい職務経歴書をつくるということが、その人の人柄を見ることが出来る一つの目安にもなっているということを忘れないようにしましょう。

 

 

 

医師が転職の面接時に多く質問される内容とは?

 

医師の転職といってもふつうの転職と変わりありません。そのため質問で聞かれることもふつうの面接と変わらないことが多いでしょう。たとえば自己紹介、長所短所、仕事のやりがいについて、自分の評価、仕事に対する心構えです。もちろんこの際医師の仕事について聞かれるでしょうが、ほとんどが人間性、思考、考え方やスタンスについて聞かれます。次に転職理由です。こちらもほとんどがふつうの転職と変わらない質問となるでしょう。転職理由、志望動機等は面接の定番でしょう。これらも転職では聞かれることが多いのではないでしょうか。医師の面接として聞かれることとしては、医師としての職歴、経歴、なぜ医師を目指したのか、今までの誇れる実績や失敗談などを話すこともあります。今後のキャリアプラン、経験やスキルの活かし方、将来どうなりたいかもキャリアアップを目指す転職では聞かれるのではないでしょうか。医師の転職といっても基本的には普通の転職活動と変わりありません。その為転職活動についての心構えをしっかりと持っていれば大丈夫でしょう。
ランキングを参考にして、是非転職を成功させて下さい!